2019年03月一覧

NO IMAGE

自宅でできる筋トレの鉄板「自重トレーニング」でボディメイク

自重トレーニングは実に種類が多く、初心者向けから中級者以上向けの高負荷トレーニングも存在する。大切なことは自分の体を思い通りにコントロールし、正しい箇所へ適切な負荷をかけられる練習をすることだ。自重トレーニングの場合、ターゲットの箇所だけでなく、体を支えるための筋肉を多く使うため、体幹や股関節などの筋肉を同時に鍛えやすく、スポーツに使える体、日常での姿勢維持に大いに役立つ。本記事では自らの体重のみ...

NO IMAGE

40男のための筋トレストレッチ法で己に磨きをかける

ストレッチはそれのみで効果が期待できるが、筋トレは必ずストレッチとセットで行うべきだ。筋肉を鍛えることと、筋繊維を柔軟に伸ばし可動域を広げることは持ちつ持たれつの関係にある。本記事では筋トレの効率を高めるために重要なストレッチについて解説している。画像を見る まずはストレッチの種類を把握 ストレッチには、動的(ダイナミック)ストレッチ、静的(スタティック)ストレッチがあり、さらに自ら身体を動かす能...

NO IMAGE

筋トレ前後のストレッチメニューを部位別に徹底紹介

筋トレの効果を最大限引き出すためには正しいストレッチが欠かせない。特に筋トレ前後には入念にストレッチを行うべきだ。本記事では、ストレッチを行う意義や目的から具体的なストレッチ方法まで詳細をまとめる。画像を見る ストレッチを行う意義 ストレッチとは、体の筋肉を伸ばしたり動かしたりすることで良好な状態を作り出す行為のことだ。筋肉の可動域を広げ、怪我をしにくくする効果が期待できる。筋トレでは特に普段以上...

NO IMAGE

筋トレ中は音楽を聞いて正しくモチベーションを管理すべし

筋トレに励むビジネスパーソンにとって重視したいポイントの1つに「時間効率」があるだろう。限られた時間の中でいかに最大効率を発揮し、理想のボディメイクを実現するか。ここで立ちはだかるのは「モチベーション」という名の壁である。人間誰しもモチベーションには波があり、うまく管理・コントロールすることが効率アップのカギなのだ。本記事では音楽を聞くことで筋トレのモチベーションを管理する手法についてフォーカスし...

NO IMAGE

筋トレのモチベーションを上げる20の方法

トレーニングは肉体的・精神的に自分を追い込むものであり、自分に義務感を与えなければ続かないもの。 しかし、義務に縛られ過ぎると単純で辛い作業になってしまう。 モチベーションが下がることは誰にでもあるため、あまり深刻に考えず一時的に負担を軽くしてみる判断が必要だ。それが筋トレを長く継続させるための秘訣である。 画像を見る モチベーション維持のための基本的な考え方 筋トレを継続して行うためにはモチベー...

NO IMAGE

ストイックな筋トレの大敵「頭痛」の正体を知る

頭痛は、ストイックに筋トレを行う人にとっては大敵だ。効率的に身体を変えるためのルーティンを組み立てても遂行できない原因となるし、モチベーション低下の要因にもなり得る。ここでは様々な頭痛と、考えられる対処法を紹介する。画像を見る 筋トレ後に感じる頭痛は「運動時頭痛」 筋トレを行うことで、一時的に血圧が上昇して血管が拡張することによって起こる頭痛が、運動時頭痛である。20~50代の人に多く見られ、15...

NO IMAGE

ものすごくゆっくりと筋トレをする「スーパースロー筋トレ」にはどのような効果があるのか?

by bruce mars 通常の筋トレよりも一度の運動に長い時間をかける「スーパースロー筋力トレーニング」は反復回数が少なくていいぶん時短が可能であり、かつ大きな効果を発揮できる方法です。そんなスーパースロー筋トレのやり方や科学的効果を筋トレをこよなく愛すBrock Armstrong氏が熱く語っています。 How to Do Super Slow Resistance Training htt...

NO IMAGE

金融機関向け「投資用不動産融資」のアンケート、審査態勢の課題が浮き彫りに

スルガ銀行で問題となった投資用不動産向け融資について金融庁は3月28日、金融機関へのアンケート調査の結果を公表した。  アンケート結果によると、投資用不動産向け融資態度を2016年3月期時点で「積極的」と答えた銀行は15%、信金・信組は7%だったが、2018年9月期では銀行が3%、信金・信組は2%に減少。消極的な姿勢の金融機関が増えていることが明らかになった。  スルガ銀行ではシェアハウス向け融資...

NO IMAGE

中国では肥満が社会問題になっているのに! 日本では肥満の人が少ないのはなぜか=中国

中国では肥満が社会問題になっているのに! 日本では肥満の人が少ないのはなぜか=中国中国では経済の発展とともに「肥満人口」が増加していて社会問題になっている。夏の暑い時期になると、服をまくりあげてポッコリと出たお腹を出して街を歩いている中年男性の姿をよく目にするものだ。 一方、先に経済発展を遂げたはずの日本では肥満の人を見かける機会が少ないことに驚く中国人は多い。中国メディアの今日頭条はこのほど、日...

NO IMAGE

東南アジア諸国でのICO/STO及び仮想通貨法規制の最新状況 金融部会レポート【フィスコ・仮想通貨コラム】

株式会社フィスコ 第19回金融部会ではシンガポール/東南アジア諸国でのICO/STO及び仮想通貨法規制の最新状況と題してシンガポールでICO案件を多く手掛けた弁護士の森 和孝氏が講演を行った。講演では東南アジア各国の仮想通貨に関する動向がテーマとなった。 先ずは、東南アジア各国の仮想通貨に対する法規制についてだが、日本も含めた世界各国と同様に法規制が未熟な状態で、各国の対応については今後変わ...